中国の高性能電動スケボー、

それが、

exway社のX1

見た目も高級感あってカッコイイ。

どうも、安曇野のわさび屋です。公式YouTube『わさびチャンネル』の登録者数が30000人を突破致しました!これからも続々とUP予定です。チャンネル登録はこちら

さて、

 

買えます

Exway X1 電動スケートボード 6ヶ月保証時間 スケートボード 便利 歩くに代わり 操作簡単
Exway

▲Amazonでもポチれるんですね!値段もBoostedとかと比べると安いですね。

 

中国製ということについて

中国の深圳市烁途科技有限公司って企業のものらしい。

電動スケボーといえばアメリカ!

ってイメージですが、アメリカで販売している電スケも、中身やパーツは中華製だったりもしますからねぇ。

一昔前だと、「中国製ってヤバいんじゃないの?」って風潮もありましたが、最近の中国メーカーの勢いは目を見張るものがあります。

個人的にびっくりしたのは、

▲DJIのドローン!

これも中国の企業なんですが、まじで進化しすぎててヤバい。世界シェア7割ですからねw

ドローンでの追い撮りとかめっちゃ楽しい♪(はやく電スケを追い撮りしたい・・)

ってな感じで、個人的には中国製であっても良いものはイイ!そう思っています(パチもんも多いけど・・w)

 

なかなか速い

このX1、

時速ですが、最高で

40km/時

出るらしい!

 

移動距離もなかなか長い

バッテリーフル充電で、

約16km

の距離を走れるのだそう。

クルージングによさそうですね♪

▲操作はおなじみのBluetooth接続のリモコンっぽい。インジケーターも搭載しているようです。

 

▲細かいパラメーターは、アプリ側から設定できるようです。

ファームウェアのアップデートもやってくれるのであれば、どんどん最適化されて調子よくなっていきそうですね。

 

カスタマーレビュー

Amazonのレビューも評価が高いものが多いのも気になります。

加速も減速もゆっくりなので止まる時には急に止まらず減速しやすいです。初心者には特に良いと思います。リモコンに速度と本体のバッテリーの残量が表示されます。リモコンのスイッチを入れた時にはリモコンのバッテリーの残量も表示されるので充電の時期も分かりやすくなっています。重量もそんなに重くないので持ち運びも思ったより楽です。モーターがウィール内臓で音がとても静かでウィールは80mmの80Aと大きくて柔らかめで走行している時の音はとても小さいです。リヤのウィールの予備が1組付いています。リモコンにはストラップが付いていて落下の心配もないと思います。今ある電動スケートボードではとても高性能で一番良いと思います。

▲予備が付いてくるのか!いいな~

動きがクイックなブーステッドボードよりマイルドでスムーズな挙動をします、ビギナーでも安定、安心ですね
初乗りはビギナーモードがあり、10Km実走行する事でスピードリミットが解除出来ました、凄く速いです
現時点でスペック、品質、価格、国内サポート等、トータルの評価で最高の電動スケボーですね、大変満足です
ブーステッドボードを2台所有し1400Km走行しましたが、後発メーカーでやっと全ての点で超えるボードが出ましたね
安価で粗悪な中国製ボードや現地価格と国内価格が大差のあるボードや保証とアフターサポートの無いボードが多い中で
エクスウェイは全ての点でクリアした最高のボードですね、高額な商品ですが使用すればお買い得に感じます
今後は設定等が可能なスマホアプリと部品供給等のサポートで安心して永く使用出来そうです

ふむふむ。

このレビューがもし本当だとしたら、いいなこのボード。

 

アフターフォロー

いまは準備中っぽいですが、スペアパーツの販売もするようです。

もし部品が壊れてもパーツを別売りしてくれれば安心ですね~。

スケートボードって、どこかのパーツが壊れてもそこだけ直せば滑れますからね。そしてその交換したりする作業がこれまた楽しい♪

 

う~ん!

【日本正規品:安心保証90日延長】STARY BOARD スターリー 電動スケートボード 超軽量5.2kg 【日本語マニュアル・保証書付き】 【日本総代理Asobuy販売】
STARY(スターリー)

STARYとも張り合えそうなこのX1。

 

気になりますね~~!!

Exway X1 電動スケートボード 6ヶ月保証時間 スケートボード 便利 歩くに代わり 操作簡単
Exway


▲amazonで今話題の「amazon audible」! 本は「読む」から「聴く」になりつつあるそうですよ!最初の一冊は無料になるので、この機会に試してみましょう♪

 



そういえば、

最近、スケートボード専用のYouTubeチャンネルを開設しました!



▲自作のスケートパーク『WASABI BANKS』を作ってみました!!なんとか完成までいけました!

今後も定期的に動画アップしていきたいと思います! チャンネル登録はこちら

チャンネル登録はこちら

スケートボーダー,LINEスタンプ,skateboarder,skateboarding,ラインスタンプ,LINE,スケボー,スケートボード,sk8,skateboard

スポンサードリンク



カリスマYoutuberも利用

電動スケボーといえばやっぱりコレ!



▲ニューヨーク在住のカリスマYoutuberCasey Neistat(ケイシー・ナイスタット)さんも電スケの愛用者として知られています。 彼が愛用しているのはBoosted Board

▲こちらの記事が参考になるので気になったら是非。

このBoosted、なんと新型の「ショートバージョン」が登場しました!小回りが利くようになり、さらに実用性が増したようです!本国のアメリカですら入手困難なほど人気なんだそうですよ。

関連記事:【Boosted Boardに新型のショートバージョンが追加!

世界のトレンド



▲ISPOにて行われた電動スケボーのエキスポの様子です。かなり多くの企業が出展しているのが分かります。

また、既存の電動スケボーの新型も多数登場しているようです。

2018年は電動スケボーYEARになりそうな予感!!(日本が参入するのはまだまだ先になりそうだなぁ・・)

ポテンシャル

しかも、この電動スケートボードというカテゴリの乗り物は、
電動スケートボード 電動スケボー BACK FIRE 2G 第二世代 バックファイヤー 本格派高性能電動 スケートボード スケボー
ものによっては(下り坂や、プッシュ移動時に)自動チャージされるので、この「1フルチャージで移動できる距離」はさらに伸びるというポテンシャルをも兼ね揃えています!

それって、もう原チャリ並みに便利な交通手段じゃん・・。いや、それ以上か(持ち運びできるし)

気になる電スケまとめ

ここまで来るとあなたも電動スケートボードが気になってきたのではないでしょうか?!

▲個人的に気になったボードたちをまとめてみたので、時間があったらぜひ見てみて下さいね!

合法化の波

アメリカ(カリフォルニア州)では、

電動スケートボードの公道走行が合法化されています。

電動スケボーは所謂「Last mile vehicle」(ラストマイルビークル)のひとつだと捉えられているとのこと。 さすがスケートボードの聖地!

ガソリンエンジンでもないので環境にやさしい、騒音も比較的少ないためか、すごく注目されている乗り物なんですね。

ことアメリカに至っては、Electric Skateboardを開発するベンチャー企業が多数生まれてきています。 公道走行の合法化がそれを後押ししているんでしょう。日本では考えられないスピード感ですよね。

よく、「日本はルールを守る国、アメリカはルールを造る国」なんて言われますが、アメリカの企業力の強さはこういったところから来てるんじゃないかなあと思う今日このごろです。

読んでくれてありがとう!これからも続々と更新予定やで~♪
さびまる

ご案内

わさびブログってどんなブログ?

わさびの苗、育ててみない?

LINEスタンプもやってます