日本でも買える電動スケボー、

それが、

BACKFIRE

 

値段も、他のものに比べると安いので人気のある電動スケボーです。

 

で、そんなバックファイヤーから、新型のモデルが登場していました!それが、

スケートボード, スケボー, skateboard, sk8, 電動, 電動スケートボード, 電動スケボー, Electric Skateboard, Electric, おすすめ, おしゃれ, ニューヨーク, backfire, 日本でも買える, 名探偵, 迷探偵, 電気スケボー, 電気スケートボード, 電動パワーボード, バランスボード, ガジェット, 電動アシスト, G2S, Backfire G2s, バックファイヤー, バックファイアー,Ranger X1,レンジャーX1,レンジャーエックスワン,オフロード,全地形,日本でも買える,国内販売開始

BACKFIRE Ranger X1!(レンジャーX1)   引用:Backfire Ranger X1

 

▲日本でも買えるようですね!(Yahooショッピング経由だとポイントがめちゃくちゃ貯まる!)

 

▲似たような?電動スケボーでこんなのもありますw  けどこれ、日本じゃ手に入らなそう・・。

 

スケートボード, スケボー, skateboard, sk8, 電動, 電動スケートボード, 電動スケボー, Electric Skateboard, Electric, おすすめ, おしゃれ, ニューヨーク, backfire, 日本でも買える, 名探偵, 迷探偵, 電気スケボー, 電気スケートボード, 電動パワーボード, バランスボード, ガジェット, 電動アシスト, G2S, Backfire G2s, バックファイヤー, バックファイアー,Ranger X1,レンジャーX1,レンジャーエックスワン,オフロード,全地形,日本でも買える,国内販売開始

▲その点こちらのRanger X1は日本で手に入れることができる!

しかもスタイリッシュですね〜!

 

おすすめポイント

いろんな電動スケートボードを調べてきた僕から見た、このボード『Ranger X1』のいいなと思ったポイントを挙げたいと思います。

 

①オフロード対応!

一番はやはりコレ!走破性が高いということ!

スケートボード, スケボー, skateboard, sk8, 電動, 電動スケートボード, 電動スケボー, Electric Skateboard, Electric, おすすめ, おしゃれ, ニューヨーク, backfire, 日本でも買える, 名探偵, 迷探偵, 電気スケボー, 電気スケートボード, 電動パワーボード, バランスボード, ガジェット, 電動アシスト, G2S, Backfire G2s, バックファイヤー, バックファイアー,Ranger X1,レンジャーX1,レンジャーエックスワン,オフロード,全地形,日本でも買える,国内販売開始

引用:Backfire Ranger X1

▲こんなでっっかいウィール履いてますからね!w

6.5インチの巨大ウィール。しかもエアーレスのゴム製ウィールなのでパンクの心配なし

 

電動スケボー、というか、

スケボー全般そうですが、ウィールが大きいと安定性や直進性が増します。

逆に言うと、ウィールが小さいと小回りが効いたりトリックがやりやすい。ただそのぶん直進性や安定性はどうしても低くなります。

 

RANGER X1のウィールなら、高速時の走行でも安定感がありそうです。ワブリングとかもしなそう。

スケートボード, スケボー, skateboard, sk8, 電動, 電動スケートボード, 電動スケボー, Electric Skateboard, Electric, おすすめ, おしゃれ, ニューヨーク, backfire, 日本でも買える, 名探偵, 迷探偵, 電気スケボー, 電気スケートボード, 電動パワーボード, バランスボード, ガジェット, 電動アシスト, G2S, Backfire G2s, バックファイヤー, バックファイアー,Ranger X1,レンジャーX1,レンジャーエックスワン,オフロード,全地形,日本でも買える,国内販売開始

引用:Backfire Ranger X1

▲こんな地面の場所でも走行できちゃう!

 

野原や山道とか、普通の電動スケボーでは滑れなそうな場所も滑ることができそうですね。

 

森の中とか駆け抜けたら、スノーボードやってるような感覚になりそうで楽しそうですね♪

 

あと、

スケボーやってると、石ころとか、ちょっとした段差にウィールが引っかかってズッコケることよくあるんですよ・・。

このウィールならそんなこともほぼ無さそう!

 

②タフな設計!!

スケートボード, スケボー, skateboard, sk8, 電動, 電動スケートボード, 電動スケボー, Electric Skateboard, Electric, おすすめ, おしゃれ, ニューヨーク, backfire, 日本でも買える, 名探偵, 迷探偵, 電気スケボー, 電気スケートボード, 電動パワーボード, バランスボード, ガジェット, 電動アシスト, G2S, Backfire G2s, バックファイヤー, バックファイアー,Ranger X1,レンジャーX1,レンジャーエックスワン,オフロード,全地形,日本でも買える,国内販売開始

引用:Backfire Ranger X1

▲RANGER X1は、完全な防水防塵のメカニズムで設計されているそうです!

 

オフロードを走行するうえでこれは安心できますね。

 

電動スケボーって、値段が高いので、タフであればあるほどありがたいですね。

 

 

③バッテリーが高性能!

スケートボード, スケボー, skateboard, sk8, 電動, 電動スケートボード, 電動スケボー, Electric Skateboard, Electric, おすすめ, おしゃれ, ニューヨーク, backfire, 日本でも買える, 名探偵, 迷探偵, 電気スケボー, 電気スケートボード, 電動パワーボード, バランスボード, ガジェット, 電動アシスト, G2S, Backfire G2s, バックファイヤー, バックファイアー,Ranger X1,レンジャーX1,レンジャーエックスワン,オフロード,全地形,日本でも買える,国内販売開始

スケートボード, スケボー, skateboard, sk8, 電動, 電動スケートボード, 電動スケボー, Electric Skateboard, Electric, おすすめ, おしゃれ, ニューヨーク, backfire, 日本でも買える, 名探偵, 迷探偵, 電気スケボー, 電気スケートボード, 電動パワーボード, バランスボード, ガジェット, 電動アシスト, G2S, Backfire G2s, バックファイヤー, バックファイアー,Ranger X1,レンジャーX1,レンジャーエックスワン,オフロード,全地形,日本でも買える,国内販売開始

引用:Backfire Ranger X1

レンジャーX1には、改良された大きめのバッテリー(36Vで容量は14Ah)が搭載されていて、

公式によると、21miles走行可能だそうです!

21miles = 約33km

33kmってやばくないですか?w

 

通勤とかにも使えそう(※日本での公道走行は禁止されているので注意が必要です)

 

▲法律が整備されているニューヨークとかだと、普通に通勤に使用している人もいるようです。

 

33kmも走れれば、充電の手間もそのぶん省けるので、安心感が生まれますよね。

 

と、まあ、電動スケボー好きの僕から見たRanger X1のオススメポイントを挙げてみました!

 

デメリット

良いことばかり書いたので、逆にこのボードの「ここがちょっとな〜」なポイント。

 

デカい!

これにつきますねw

走破性の高さとトレードオフな感じはしますが、やっぱちょっとデカい。

置き場所とか困りそう。小回りは効かないんじゃないかなと思います。

 

持って歩いたりとか、電車に持って乗り込んだりとか、「持ち運び」を想定した場所では使いづらそうなイメージ。

 

まあでも、

 

dummy
スケーター
そもそもそんなに持ち運びしないわ

 

そう言われればそれまでですがw

 

しっかし、Ranger X1の走破性は魅力的ですね!

お金が貯まったら欲しいボードのひとつです!

 

小回り重視なら

ちなみに、僕が乗っているのは

ブーステッド,ブーステッドボード,boosted,boosted board,boosted mini,boosted mini s,boosted mini x,ブーステッドミニ,電動スケボー,電動スケートボード,electric skateboard,レビュー,開封,ミニ,滑走

Boosted Mini Xというボードなのですが、こいつはめちゃくちゃ小回りが効きます!

キックテールになってるので、180度、というか頑張れば360度旋回もイケます。

▲良かったらそれを試してる時の動画があるので観てみてください♪

 

電動スケボーの感動したところ

電動スケボーってブレーキかけると充電するシステムを備えているものが数多く存在するんですよ。

dummy
スケーター

下り坂とかでも充電されたりする!これって単純に凄いよな!

 

▲こちらに色々な電動スケボーの情報をまとめてあるんで、良かったら見てみてください。

本当に色んな種類があってビックリすると思いますよ!

ただ眺めてるだけでも楽しい。

 

購入しようとしている人からしたらどれにしようか迷っちゃいますよね!

もっと迷いたい方は↓こちらもどうぞw

関連記事:電動スケボーまとめ!



そういえば、

最近YouTubeハマってます。スケートの動画とか色々アップしていきたいなと。



▲OSMO ACTIONでスケートボードを撮影してみました!ブログでも書いてますが、これは使える!

今後も定期的に動画アップしていきたいと思います!

チャンネル登録はこちら

スケートボーダー,LINEスタンプ,skateboarder,skateboarding,ラインスタンプ,LINE,スケボー,スケートボード,sk8,skateboard

スポンサードリンク



カリスマYoutuberも利用

電動スケボーといえばやっぱりコレ!



▲ニューヨーク在住のカリスマYoutuberCasey Neistat(ケイシー・ナイスタット)さんも電スケの愛用者として知られています。 彼が愛用しているのはBoosted Board

▲こちらの記事が参考になるので気になったら是非。

このBoosted、なんと新型の「ショートバージョン」が登場しました!小回りが利くようになり、さらに実用性が増したようです!本国のアメリカですら入手困難なほど人気なんだそうですよ。

関連記事:【Boosted Boardに新型のショートバージョンが追加!

世界のトレンド



▲ISPOにて行われた電動スケボーのエキスポの様子です。かなり多くの企業が出展しているのが分かります。

また、既存の電動スケボーの新型も多数登場しているようです。

2018年は電動スケボーYEARになりそうな予感!!(日本が参入するのはまだまだ先になりそうだなぁ・・)

ポテンシャル

しかも、この電動スケートボードというカテゴリの乗り物は、
電動スケートボード 電動スケボー BACK FIRE 2G 第二世代 バックファイヤー 本格派高性能電動 スケートボード スケボー
ものによっては(下り坂や、プッシュ移動時に)自動チャージされるので、この「1フルチャージで移動できる距離」はさらに伸びるというポテンシャルをも兼ね揃えています!

それって、もう原チャリ並みに便利な交通手段じゃん・・。いや、それ以上か(持ち運びできるし)

気になる電スケまとめ

ここまで来るとあなたも電動スケートボードが気になってきたのではないでしょうか?!

▲個人的に気になったボードたちをまとめてみたので、時間があったらぜひ見てみて下さいね!

合法化の波

アメリカ(カリフォルニア州)では、

電動スケートボードの公道走行が合法化されています。

電動スケボーは所謂「Last mile vehicle」(ラストマイルビークル)のひとつだと捉えられているとのこと。 さすがスケートボードの聖地!

ガソリンエンジンでもないので環境にやさしい、騒音も比較的少ないためか、すごく注目されている乗り物なんですね。

ことアメリカに至っては、Electric Skateboardを開発するベンチャー企業が多数生まれてきています。 公道走行の合法化がそれを後押ししているんでしょう。日本では考えられないスピード感ですよね。

よく、「日本はルールを守る国、アメリカはルールを造る国」なんて言われますが、アメリカの企業力の強さはこういったところから来てるんじゃないかなあと思う今日このごろです。

読んでくれてありがとう!これからも続々と更新予定やで~♪
さびまる

ご案内

わさびブログってどんなブログ?

わさびの苗、育ててみない?

LINEスタンプもやってます