ゴールデンウィークが

はじまりました!

どうも、安曇野のわさび屋です。公式YouTube『わさびチャンネル』の登録者数が30000人を突破致しました!これからも続々とUP予定です。チャンネル登録はこちら

さて、

 

とても珍しい現象

世間ではGWと騒がれていますが、当園ではふつうにわさび田で作業をしておりました。

すると、

View this post on Instagram

安曇野黒岩わさび園さん(@kuroiwa_wasabi)がシェアした投稿

なにやら空がすごいことに!!

 

どうやらこの現象、ハロ(ヘイロー)という気象現象らしいです!

 

暈(かさ、halo、英語読み:ヘイロー)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)という。虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいう。

暈は雲を形成する氷晶がプリズムとしてはたらき、太陽や月からの光が氷晶の中を通り抜ける際に屈折されることで発生する。

暈を生じさせる雲は多くの場合、対流圏上層に発生し氷晶からなる巻層雲や巻積雲、巻雲である。高層雲、高積雲、乱層雲、積乱雲、層雲などは、氷晶が含まれていても少ない上に、氷粒に成長していて光の経路が複雑化しているため、暈が見られない。巻層雲、巻積雲、巻雲を形成する氷晶は多くの場合、単純な六角柱状の形をしている。氷晶のそれぞれの面は60度、90度、120度のいずれかの角を成しているため、氷晶は頂角60度、90度、120度のいずれかのプリズムとしてはたらく。wikipediaより

dummy
さびまる
なんかよく分からんけどすんごい珍しい現象らしい

 

 

なんだかとても貴重な体験ができました♪

 

安曇野のわさび屋(@kuroiwa_wasabi)でした!それではまた!

 
読んでくれてありがとう!これからも続々と更新予定やで~♪
さびまる

ご案内

わさびブログってどんなブログ?

わさびの苗、育ててみない?

LINEスタンプもやってます