ロリポップサーバーの、

wordpress, コンテンツキャッシュ, ロリポップ, ワードプレス, 効果,正式版

『コンテンツキャッシュ』機能の正式版が提供開始されました!

ウェブサイトの表示速度の向上や安定した表示に役立つ機能です。WordPress向けに最適化されたWPキャッシュ機能と、画像やCSSなど静的なコンテンツをキャッシュする静的キャッシュ機能があります。
特にWordPressなど、アクセスの度に表示内容を生成する動的なウェブサイトでは、アクセスがある度にウェブサーバーでの処理を行う必要がありますが、コンテンツキャッシュを有効にすることでウェブサーバーでの処理を省けるため、表示速度の向上が期待できます。

出典:ロリポップ!レンタルサーバー

 

ようは、コンテンツキャッシュでウェブサーバー処理を省ける → サイト速度が上がる!ってなことですね。

ワンクリックで24倍は魅力的ですね~♪

 

手順はカンタン!

▲こちら(β版)でも書きましたが、正式版でも手順は同じようです。

 

結論から言うと、設定はめちゃくちゃカンタン!数分で完了します。ロリポップ使ってる人はやらない理由はないかと。

 

ロリポップのユーザー専用ページにログインし、

ワードプレス,wordpress,コンテンツキャッシュ,効果,ロリポップ

▲「サーバーの管理・設定」から「コンテンツキャッシュ」へアクセス。

ワードプレス,wordpress,コンテンツキャッシュ,効果,ロリポップ

 

 

ワードプレス,wordpress,コンテンツキャッシュ,効果,ロリポップ

▲CMSを利用してるサイトには利用しないほうが良いみたいです。

 

このサイトはWordPressなので、WordPressを選択し、

ワードプレス,wordpress,コンテンツキャッシュ,効果,ロリポップ

▲コンテンツキャッシュさせたいサイトの「WP」を選択してあげるだけで、

 

ワードプレス,wordpress,コンテンツキャッシュ,効果,ロリポップ

▲WPキャッシュが有効になりました!

「WP」「静的」「OFF」の横にある「キャッシュを削除」からキャッシュを削除することができます。



そういえば!

マキタの互換バッテリーを入手しました!



純正のバッテリーと性能を比べてみました!良かったら見てみてください。

チャンネル登録はこちら

スポンサードリンク



 

 

結果

GTmetrixを使って計ったサイトスピードを測ってみました。

BEFORE

ワードプレス,wordpress,コンテンツキャッシュ,効果,ロリポップ

 

 

AFTER

ワードプレス,wordpress,コンテンツキャッシュ,効果,ロリポップ

 

 

サイトの読み込み時間 4.5秒 → 3.3秒 に短縮され、

パフォーマンススコアも 89% → 90%に増えました!

 

トータルのページサイズがキャッシュクリアによって削減されたのに起因しているんでしょうかね。

体感的にも少し早くなったと感じました♪

(それでも遅いんですけどね、このサイト・・w プラグインとか一度整理しないといかんな~)

 

 

まとめ

遅い遅いと言われるWordPressサイトやロリポップサーバーですが、

近年では色々と進化してきて非常に好印象。

今回追加された『コンテンツキャッシュ』機能もサクッと実践できてしかも結果も良好!

これはやって良かった。

カンタンに出来るのでオススメです!

 

安曇野のわさび屋(@kuroiwa_wasabi)でした!それではまた!

 
読んでくれてありがとう!これからも続々と更新予定やで~♪
さびまる

ご案内

わさびブログってどんなブログ?

わさびの苗、育ててみない?

LINEスタンプもやってます